土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさんつくば土浦店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

街の外壁塗装やさんつくば土浦店

〒300-0013

茨城県土浦市神立町682-20

TEL:0120-025-520

FAX:029-869-7433

おかげさまで土浦市、つくば市や稲敷郡阿見町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-025-520

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 台風の季節になる前に、自宅の『棟板』をチェックしてみませんか...

台風の季節になる前に、自宅の『棟板』をチェックしてみませんか!?


台風や爆弾低気圧で屋根は壊れてしまいます!

屋根①20034


夏が終わりに近づき、秋めいてきましたね。
そうすると増えるのは台風です。昨年(令和元年)の台風15号、19号や今年(令和2年)の台風9号、10号のように威力が大きな台風が日本列島に上陸・通過することで、家屋には甚大な被害が出てしまいます。
屋根瓦が吹き飛んだり、棟板が剥がれてしまうこともあるのです。

今年も日本近海や太平洋は高い海水温で、巨大で威力の高い台風が生まれる可能性があると言われています。
本格的に台風が接近する時期になる前に、ぜひご自宅の屋根をチェックし、暴風対策をしていきませんか?

現調③20027

棟板が取れてしまう原因は?

こちらの現場は、暴風で棟が完全に剥がれてしまっています。
棟板金はしっかりと釘で打ち付けて固定されているため、風にも負けないようになっているのですが、一体何が原因なんでしょうか?

現調①20032

原因は棟板の下にある『貫板(ぬきいた)』にありました。
貫板は幅90mm、高さ1.5cm程度の細長い板材の総称です。
屋根で使用する場合、この貫板の棟板金を釘で打ち付けて固定します。
貫板は腐食に強い杉材を使います。しかし、いくら腐食に強いとはいえ、杉板(木材)を使用しているので、長く屋根の上にあると湿気などで貫板が腐食してきてしまいます。

現場調査(屋根)⑤20020

湿気を含んで腐食しはじめた貫板は、もとの硬さがなくなり、ふわふわと柔らかくなってしまいます。
こうなってしまうと、固定のための釘が噛み合わず浮き上がってきてしまうのです。
そこに暴風が吹きつけて棟板金を飛ばしてしまう、という被害をもたらすのです。

傷んだ棟板は補修工事!

棟①20027

棟板が浮き上がったり、外れてしまったという被害が出たときは貫板ごと交換する工事を行っていきます。
今回はその工事の様子をご紹介します。

棟②20027

まず、古い棟板金と貫板を撤去していきます。

棟③20027

続いて、屋根の峰にあわせて新しい貫板を設置します。

棟④20027

その後、棟板金を貫板にかぶせるように設置し、釘で固定していきます。
貫板は屋根と。棟板金は貫板としっかりと釘で固定されているのでこれで台風の風にも負けません!

棟⑤20027

棟板金の補修が完了しました!
ご自宅の屋根に不安がある場合や、昨年の台風の影響が知りたい!と思っている方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。
ご相談、調査は無料で承らせて頂いております。

土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-025-520
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさんつくば土浦店に