土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさんつくば土浦店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

街の外壁塗装やさんつくば土浦店

〒300-0013

茨城県土浦市神立町682-20

TEL:0120-025-520

FAX:029-869-7433

おかげさまで土浦市、つくば市や稲敷郡阿見町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-025-520

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

水切りとは何か。どんな役割があるのでしょうか。


水切り下処理20190312

この写真に写っているのは、水切りと言って、住宅の基礎部分と建物本体を繋ぐ

少しだけ飛び出てお家を一周ぐるっとしている棒のような物です。

ケレンといって、塗料との密着を高めるために、

サンドペーパーで細かい傷を作っていきます。

目荒らしとも呼ばれます。

 

水切り一回目20190312

この茶色く染めている部分が水切りです。

水切りの役目は、雨水は建物の上から下に落ちますが、

枠などが出ていると、上裏に水が溜まりやすく、

壁面に汚れを作ってしまう原因になる事があります。

室内に水が侵入する事もありますしので、

水切りがあると、雨のほとんどが水切りからしずくとなって落ち

上げ裏に水分がたまりにくくなります。

そのため、壁の汚れや室内への水の侵入も防げるのです。

 

 

水切り二回目20190312

こちらは水切りの上塗り2回目を行っています。

建物の土台と基礎には、隙間があります。

この部分に水切りを設置する事によって、

雨水が土台に入ること、そこから土台が腐る事などを防ぐことが出来ます。

水切り完了20190312

こちらは水切りの上塗りの完了したお写真になります。

住宅品質確保促進法(品確法)では、

外壁の下端に水切りを設けるように定められています。

ある調査で、土台はシロアリによる浸食や木材が

腐ってしまうなどの危険性が高いことも分かっているので

建物の寿命を左右する要素でもあるので、

水切りは重要な役割を果たしていると言えます。

土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-025-520
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさんつくば土浦店に