土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさんつくば土浦店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

街の外壁塗装やさんつくば土浦店

〒300-0013

茨城県土浦市神立町682-20

TEL:0120-025-520

FAX:029-869-7433

おかげさまで土浦市、つくば市や稲敷郡阿見町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-025-520

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

龍ケ崎市で屋根補修!突風で剥がれ落ちてしまった棟板金を貫板ごと交換!


①20038


龍ケ崎市で棟板金の補修工事のご依頼を受けました。
棟板金というのは、屋根の峰の部分に設置する金属製の部材のことです。
コロニアル屋根や金属屋根を屋根のてっぺんから押さえつけることで、暴風による屋根材の飛散防止に役立っています。

②20038

しかし、屋根をかけのぼる突風の1番強い力を受けるので、傷んでしまっていると今回の現場のように飛んでいってしまうこともあります。
棟板金の飛散の原因としては、棟板金を固定する釘が緩む、というのが一番に挙げられます。
貫板(ぬきいた)と呼ばれる板材に棟板金は固定されているのですが、湿気によって腐食してしまうと釘が緩むことがあるのです。

③20038

今回の現場は、すべての棟板金と貫板を交換するため、まずは撤去作業から行います。
高所での作業のため安全に気を配りながら作業していきます。

⑤20038

続いて、貫板を設置していきます。
貫板というのは幅約90mm、厚み約15mmほどの細長い板材の総称です。
柱同士を貫いて強度を上げる筋交いのような役割としてよく使われる建材のため、そう呼ばれています。
汎用性のある板材なので、ここの場所のこの用途!と使い方が決まっているわけではなく、似たような規格のものをすべて貫板と呼んでいます。

 

②20038

今回使用したのは杉材の貫板です。杉は非常に防腐性のある材質で、湿気の多い日本では建材として昔から使われています。
屋根の峰に沿って貫板を設置していきました。
この上に覆いかぶせるように棟板金を設置します。

⑥20038

棟板金が設置できました。
新しい貫板にしっかりと固定できたので、これで台風や突風にも負けない屋根になったことでしょう。

⑦20038

これから本格的な台風の季節を迎えます。
緩んだ棟板では屋根を守ることも心もとないこともあると思います。
大きな被害が出る前に、メンテナンスをおこなって安全な家を維持していってはいかがでしょうか?

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 石岡市で一軒家リフォーム依頼!築40年超えの家の現地調査に伺います

石岡市のお客さまより、しばらく人が住んでいなかった一軒家のリフォーム依頼を承りました。 屋根塗装や外壁塗装だけではなく、室内の工事も併せてのご相談です。   まずはしばらく人が住んでいなかった、築40年超えの一軒家の現地調査にお伺いします。… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 土浦市リフォーム工事!シロアリでボロボロになった床を枠ごと交換します!

土浦市で空き家のリフォームを行っています。今回は、シロアリ被害でボロボロになってしまった部屋の補修工事になります。 シロアリ被害の様子です。垂木がシロアリに食べられてボロボロになってしまっています。このまま放置するとほかの柱などにも影響が出… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 牛久市で棟板交換工事!腐りかけて柔らかくなった貫板ごと全交換!

牛久市の補修工事現場です。今回は屋根の天辺についている棟板金の交換についてご紹介します。棟は屋根の一番上に設置される部材で、屋根材が飛んだりずれたりするのを防ぐためにあります。コロニアル屋根では棟板はガルバリウム鋼板などの金属板を折り曲げて… 続きを読む
土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-025-520
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさんつくば土浦店に