土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさんつくば土浦店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

街の外壁塗装やさんつくば土浦店

〒300-0013

茨城県土浦市神立町682-20

TEL:0120-025-520

FAX:029-869-7433

おかげさまで土浦市、つくば市や稲敷郡阿見町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-025-520

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 外壁には種類があるって知ってますか?材料によって塗料やメンテ...

外壁には種類があるって知ってますか?材料によって塗料やメンテナンスが変わります!


家の補修を行う際にとても重要になってくるのが、使われている建築材です。
家には塩化ビニル樹脂、木材、金属……などとたくさんの材質のものでできています。
材質や材料によってメンテナンスの方法や耐用年数が変わってきてしまうのです。
劣化のサインを見逃さないためにも、ご自宅の家の材料がどんなものなのか、チェックしていきましょう。

今回の記事では外壁についてご紹介します。
特に日本の住宅でよく使われている3種類の外壁素材について見ていきましょう。
この記事に使用しました写真は、弊社が施工いたしましたつくば市の現場のものになります。

***

まず、古くより日本で普及していた塗り壁について見ていきます。
塗り壁とは、家屋の骨組みの間を、土やコンクリートなどでできた壁材を直接塗ることで成形した外壁になります。
土壁、漆喰など複数種類がありますが、今回は特に多く普及している『モルタル壁』についてご紹介します。

モルタル塗りの外壁の特徴

まず、モルタルとはセメントに砂と水を混ぜたものを指します。
それを、家屋の骨組みに直接塗って壁を成形します。
モルタル自体には防水性能がないため、リシンやスタッコといった防水性を持った仕上げ剤を吹き付けて外壁表面を保護していきます。
特に、リシン仕上げと呼ばれる、表面が粒上の塗膜に覆われた仕上げ方が広く普及されていました。

モルタル塗りの外壁は、サイディングボードが普及しだす1990年代以前は一番多く施工されたとも言われています。

外壁③20015

リシン仕上げのモルタル壁です。
表面の凹凸の意匠が特徴的です。

モルタル壁のメリット

モルタル壁のメリットは大きく3つ上げることができます。

■耐久性がある
■防水性能が高い
■温かみのあるデザイン

 

ひとつひとつ詳しく見ていきましょう!

耐久性がある

まず、耐久性についてです。
砂やセメントといった無機質の不燃材料を使用していることから、腐食することもなく、また燃えにくい耐火性能がたかくなっています。
また、モルタルがアルカリ性という性質があるため、壁を支える下地の鉄筋が錆びにくくなっています。

防水性能が高い

塗り壁なのでサイディングボードなどにある継ぎ目が存在しません。
隙間があるとそこから雨水が浸入し雨漏りの原因になってしまいます。
しかしそもそも継ぎ目のないモルタル壁は雨水が浸入してくることがありません。

温かみのあるデザイン

塗り壁は、大工さんや工務店の職人ではなく専門の左官が施工を行います。
人の手を使った作業になるので、ふたつとないとても温かみのある仕上がりなります。

デメリットは?

■クラック(ひび割れがおきやすい)
■費用が高い

このふたつがモルタル壁の大きなデメリットです。
詳しくは以下をご覧ください。

クラックがおきやすい

モルタル壁は耐用年数が30年以上ととても耐久性の高い外壁材です。
しかし、骨組みに直接塗ってあるので伸縮性にかけており、湿気や気温などで外壁にクラックと呼ばれるひび割れが起きやすいのも特徴です。

クラック補修前20010

クラックが発生したモルタル壁の様子です。

**
0.3mm以上のクラックは構造クラックと呼ばれ、専門的な補修を行わないと家屋全体の歪みに繋がりかねません。
特にクラックが発生しやすいモルタル壁は、しっかりとメンテナンスが必要です。

 

費用がかかる

左官職人の手でひとつひとつ施工されているモルタル壁は、サイディングボードを使用した外壁に比べ費用がかかってしまいます。
モルタル壁、というのは高級住宅というひとつのステイタスでもあったようです。

続いて外壁サイディングについてご紹介します。

外壁サイディングってなんですか?

外壁サイディングというのは、外壁用の板状の建築材のことです。
金属、樹脂、木質、窯業など様々な材質でできています。
塗り壁にかわり高度経済成長期から使われだした建材です。
現在では新築家屋の約8割が外壁サイディングをしているとも言われています。
色味や意匠を細かく選べるといった特徴があります。

**

今回は特に人気の金属サイディングと窯業系サイディングについてご説明します。

 

金属サイディングの特徴

外壁中塗り完了20008

金属サイディングは、アルミニウムやステンレス、ガルバリウム鋼板などの金属板を塗装、成形して作られた外壁材です。
アイジーサイディング(アイジー工業)、センターサイディング(ニチハ)などの製品が有名です。

金属サイディングのメリット

金属サイディングのメリットとしては以下のことがあげられます。

■断熱性、遮音性がある

■軽量である
■凍害、寒冷地に強い

 

断熱性遮音性がある

外壁①20013

金属サイディングは断熱材が標準として裏打ちされているため、断熱性、遮音性なども持ち合わせています。

軽量である

金属サイディングの大きなメリットとして、軽量であるということが挙げられます。
非常に軽い金属でできているため、既存の外壁が塗装などで補修が不可能なほどに劣化していても、カバー工法という方法で補修することができます。

凍害、寒冷地に強い

モルタルや窯業系サイディングでは耐えきれない気温差や寒さにも、金属サイディングは耐えることができます。
これは金属の持つ熱に対しての収縮性の強さのおかげです。

 

デメリットは、塩害とサビに弱いこと

金属サイディングのデメリットはやはり

塩害、サビに弱いこと

でしょう。
金属という材質なので仕方がありませんが、塩害による腐食、サビが一番の弱点です。
サビが発生する前に塗装などでしっかりメンテナンスをしていかなくてはいけません。

窯業系サイディングの特徴

外壁塗装(2)20005

現在の外壁材の約7割を占めているのが窯業系サイディングです。
セメントに繊維質をまぜて焼き上げたサイディングボードです。
モルタル塗りの壁に比べ比較的安価で工期も短いことから30年ほど前から普及した建材です。
特にモエンシリーズ(ニチハ)が人気です。

窯業系サイディングのメリット

窯業系サイディングのメリットは以下の通りです。

■地震、火災に強い
■豊富なデザイン性

地震、火災に強い

窯業系サイディングが注目されだしたのは1995年(平成7年)に起きた阪神淡路大震災のあとだと言われています。
地震の揺れでも剥離しにくく、燃えにくい不燃、耐火素材で作られた窯業系サイディングを選択するハウスメーカーが増えていきました。

高いデザイン性

なんと言っても窯業系サイディングの強みは豊富なデザイン性です。
レンガ、タイル調から木目風と様々なデザイン、色味を選ぶことができ、自分の思う通りの家をデザインすることが可能です。

外壁①20014

一見石造りのようですが、サイディングボードを使用しています。

デメリットは防水性能の弱さ

窯業系サイディングのデメリット(弱点)は

防水性能の弱さ

が一番に挙げられます。

**

窯業系サイディングの防水性能は、サイディングボードの表面の塗装に依っています。
紫外線や日光で塗膜が劣化してしまうと、防水性能が一気に落ち雨漏りなどのトラブルが発生しやすくなっています。

外壁表面

スコープで外壁表面を覗いた様子です。
劣化して塗膜がボロボロになってしまっています。

また、窯業系サイディングの防水機能で一番の弱点は、サイディングボード同士の隙間を埋めるコーキング剤です。
サイディングボードの塗膜表面は10年ほどで劣化がはじまると言われていますが、コーキング剤は耐用年数が5年と著しく短くなっています。

シーリング20009

コーキング剤は劣化すると、硬化して剥離がはじまってしまいます。
そこから生まれた隙間に雨水が浸入して雨漏りを引き起こすこともあります。
表面塗膜の塗替え以外にコーキング剤の打ち替えを行う必要があるのが、窯業系サイディングのデメリットです。

サイディングも塗り壁もメンテナンスが必須です!

外壁中塗り20003

塗り壁、サイディングボードにしても定期的なメンテナンスを行わなくては、美しい家を保つことは難しいです。
木造建築の場合、外壁サイディングをした家屋の耐用年数は20年、モルタル塗りの外壁の場合は30年以上とも言われています。
しかし、これは定期的なメンテナンスを行って外壁を新品同様の状態のまま保つ、という条件のもとの試算です。
サイディングボードにしろモルタル壁にしろ、表面の塗装は約10年ほどで劣化が出てきてしまうので、是非とも10年後とのメンテナンスをおすすめしています。

外壁の劣化のサインは『チョーキング現象』!

ご自宅の外壁の劣化の状態がわからない……と思ったときは、是非外壁を素手で触ってみてください。
もし、触れた手のひらが真っ白に汚れた場合はメンテナンスが必要な状態です!
これは『チョーキング現象』と呼ばれる劣化のサインです!
塗膜の表面が劣化で粉状になってしまい、防水性能などが低下してしまっている状態です。
ご自宅の外壁がこのような状態になっていたら、是非ご相談ください!

土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-025-520
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさんつくば土浦店に