土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさんつくば土浦店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

街の外壁塗装やさんつくば土浦店

〒300-0013

茨城県土浦市神立町682-20

TEL:0120-025-520

FAX:029-869-7433

おかげさまで土浦市、つくば市や稲敷郡阿見町で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-025-520

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

土浦市で塗装工事!金属製の雨戸はサビ止めをしっかり塗って赤サビ知らずに!


土浦市で塗装工事を行っています。
今回の記事では金属製の部材の塗装についてご紹介します。

庇③20033

金属製の庇の塗装です。
前回までにエポキシ樹脂系の下塗り剤を塗って防サビ対策を行っています。
今回は上塗りを行っていきます。
サビ止め塗料を覆うようにトップ剤を塗っていきます。
何層にも塗料を重ねることによって、塗膜の厚みを作り金属下地を傷つかないようにバリアをはっていきます。

雨戸①20033

続いて雨戸の塗装です。
シャッタータイプではなく引き戸の雨戸だったので、雨戸本体も塗装していきます。
まずは、サンドペーパーや研磨たわしを使用して表面をケレン処理を行っていきました。
ケレンというのは表面の目荒しのことです。
古い塗膜やサビを擦り落としていくほか、表面に小さなざらつきを作っていきます。
こうすることで、この凹凸に塗料がしっかり入り込み、剥離などを予防してくれるのです。

雨戸②20033

続いて、下塗りに移ります。
金属製の雨戸の一番の弱点はサビです。
サビというのは、金属と酸素が結び合って酸化することでうまれます。
金属の種類によってサビの色が変わり、赤サビというのは鉄と酸素が結びついた酸化鉄です。
酸化鉄は普通の鉄と比べて非常にもろく、ほおっておくとボロボロになってしまいます。
そのため、エポキシ樹脂系の下塗り剤を塗って、雨水や大気中に含まれる酸素と金属下地が触れ合わないようにしていきます。

雨戸③20033

サビ止めが塗り終わりました。
乾燥させてから上塗りに移ります。

 

雨戸④20033

乾燥時間をしっかり設けてから上塗りを行います。
ローラーを使ってサビ止めの上からトップ剤を塗っていきます。
今回使用した塗料は、庇や破風板塗装で使用したのと同じ『フッソUVコート』です。
フッ素樹脂の高耐候性によって紫外線による劣化を防いでくれます。

雨戸⑤20033


1回目の塗装が終わりました。
庇や破風板と塗料を合わせることで、家屋に統一感をもたせ引き締まった印象を与えてくれます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 土浦市の空き家リフォーム工事!破風板は木材保護塗料で下塗りします!

土浦市で空き家のリフォーム工事を行っています。今回の記事では、破風板と軒樋の塗装についてご紹介していきます。破風板と軒樋はふたつとも屋根まわりに設置されている部材です。同じ場所にあるため塗り替え工事の際は一緒に塗装を行うことが多いです。 木… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 牛久市の塗り替え工事現場!付帯部の塗装が完了し、1ヶ月半の工事が完工しました!

牛久市の塗装現場です。今回の記事では付帯部を塗装し、工事が完了するまでをご紹介していきます。 まずはシャッターボックスの塗装からです。最近の住宅の雨戸は引き戸式ではなく巻取り式のシャッタータイプがおおく設置されるようになりました。引き戸式で… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 石岡市で屋根塗装、屋根下地が傷んでいるため下塗りを2回おこないます

石岡市のお客さまからご依頼いただいた、一軒家リフォームの現場です。 築40年を超え、人が住まなくなってから5年は経過しています。   現地調査では小動物も通り過ぎるくらい、痛みがあった現場でした。 現地調査の様子はこちらから >>石岡市で一… 続きを読む
土浦市、つくば市、稲敷郡阿見町やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさんつくば土浦店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-025-520
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさんつくば土浦店に